投資信託 de 資産運用 TOP > リスクはこれで抑える

■□
 単利と複利のちがい


投信コンテンツ 投資信託購入ガイド ETF(上場投資信託) 確定拠出年金ガイド
こじかの投資論 投資運用成績 ファンドセレクション リンク集




お金を増やすためには、そのお金で銀行に預けたりしますが、
そこで気になるのが「金利」です。金利は高い方がいいですよね〜。

その金利の計算方法には「単利」と「複利」という二つの方法がありますので、説明します。

 単利について 

単利は簡単に言うと
 ・元本にだけに利息がつく という増え方です。

例えば、元本100万円を年5%の利率で3年間運用した場合、
利息は100万円×0.05=5万円 で 1年後は元利合計105万円になります。
で、
2年目3年目も5万円ずつ利息が受取れるので 
3年間の利息合計は 5万円×3年=15万円。 3年後の元利合計は115万円となります。


 複利について

それに対して複利は、
 ・元本に利息を繰り入れ、その合計額に利息がつく という増え方をします。

同じように、元本100万円を年5%の利率で3年間運用した場合、

1年目は同じです。
利息は100万円×0.05=5万円 で 1年後は元利合計105万円になります。
ですが、
2年目は元本(100万円)に利息(5万円)を繰り入れ、その合計額(105万円)に利息がつくので、
利息は 105万円×0.05=52,500円 になり 2,500円増えるんです♪
3年目は
1,102,500円×0.05=55,125円利息として受取れて、元利合計1,157,625円

と、単利より7,625円も増えるんですね〜。
たいした金額じゃないといえばそうなんですが、期間が長いほどその効果は大きくなるんです。


投資信託では
分配金受取り型の場合は単利運用自動再投資型の場合は複利運用になります。
これから資産形成しようと考えている人は複利運用の力を借りていきましょう!
 ⇒複利の力を利用しよう


 単利と複利 の 結論

というわけで、お金を早く増やしたいというのであれば、

単利運用より複利運用の金融商品を活用する
複利運用でも、1年複利より、半年複利、1ヶ月複利の金融商品を活用する

ことが大切ですね〜。 一般的に知られている金融商品では
   
金融商品名 金利 期間
銀行の普通預金 単利
個人向け国債 単利
郵便局の定額貯金 複利 半年
MRF・MMF 複利 1ヶ月

です。
参考にしてみて下さいね〜。

<< おすすめ ネット証券口座 >>

マネックス証券 (投資信託の購入にメインで使っているネット証券です。マネックス証券の詳細

ユナイテッドワールド証券 (ちょっと変わったアジア関連のファンドを購入できます。)


■リスクはこれで抑える 目次

リスクを理解する

集中投資をしない

効果的な分散投資

分散投資の隠れたメリット

単利と複利の違い

複利の力を利用しよう!

ドルコスト平均法




▲ ページ上部へ   

|投資信託 de 資産運用 HOME|



[ 免責事項 ]
当サイトの提供する情報等を利用しての、いかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。


Copyright(C)   2007 -  こじか All Rights Reserved.
Since 2007/01/06

こじか運営情報サイト一覧
家計簿から始める、収入・支出改造計画FPが教える、金融系資格を取ろう!マイホームとお金のすべて
モデルルームの正しい歩き方生命保険見直し入門外為(FX)で始める、収入・資産倍増計画無料FP相談 家計
OMCカード使いこなし隊(株式投資)証券口座徹底比較(外為投資)FX取引口座徹底比較投資信託 de 資産運用 |