投資信託 de 資産運用 TOP > ファンドセレクション - 海外投資(BRICs、新興国)

■□
 HSBC 新BRICs オープン


投信コンテンツ 投資信託購入ガイド ETF(上場投資信託) 確定拠出年金ガイド
こじかの投資論 投資運用成績 ファンドセレクション リンク集




運用会社 HSBC投信
商品分類 国際株式−アクティブ
販売手数料 上限 3.675%
信託報酬 1.4175%
信託財産留保額 なし


株式投資より急激に増えない投資信託で、少しでも増やしたいと思うなら、
BRICs諸国への投資は外すことができませんよね〜。


BRICsって?

で、BRICs(ブリックス)って知ってます?


今後、経済発展が著しいと考えられる
・B (ブラジル)
・R (ロシア)
・I  (インド)
・C (中国)

これら4カ国の頭文字をあわせた造語です。
ゴールデン・サックスというアメリカの証券会社が投資家向けのレポートで使ってから、こんなにメジャーな言葉になったんですね〜。

BRICs諸国は、
人口も多い(1億人以上)、国土が広い(250万平方キロメートル以上)ので
今後、成長する可能性がとっても高い。

2050年には中国のGDP(国内総生産)がアメリカを抜いて世界1位になるとまで予想されています。


ただ、新興国なので先進国と違って安定かと言われると?です。
国自体が発展途上な面があるので、いろんな理由で、基準価額が乱高下する可能性もありますね。
2006年5月の世界同時株安時ではインド株が大きく落ち込みました。


BRICsに投資をするには?

でも、それ以上に将来楽しみな投資対象国であることは間違いないです!

でも、国内でもどの企業に投資したらよいのか?だし、
1番知ってる外国のアメリカでも、何に投資をしたらよいのかは???ですよね。

それより情報の来ないBRICsなんて、何に投資をしたら良いかなんて、
????????????????????????????????????です。


そんなときこそ、プロが運用してくれる投資信託が大活躍しちゃいます。
こじかは最近、投資信託を使って、BRICs諸国へどんどん追加投資しています♪


HSBC 新BRICsオープンって?

HSBC 新BRICsオープンは、そのBRICs4カ国に分散投資してくれるファンドです。

リターンとリスクが高い新興国間であっても、分散投資しているので、リスクは減っていきますね。
そしてHSBC(香港上海銀行)は、BRICsの運用に定評があるので安心感も高いと。


HSBC BRICsオープンっていう『新』が付いていない投資信託があったんですけど、
人気がありすぎて、資金が流入しすぎて、販売を一時中止したほど。

HSBC 新BRICsオープンはその第2弾という訳なんですね〜。


分散投資するなら、外国株式カテゴリーを、先進国・新興国と分けて、
新興国分野に『HSBC 新BRICsオープン』を組入れてみればOKだと思いますよん。


<< おすすめ ネット証券口座 >>

マネックス証券 (投資信託の購入にメインで使っているネット証券です。マネックス証券の詳細

ユナイテッドワールド証券 (ちょっと変わったアジア関連のファンドを購入できます。)


■ファンドセレクション外国投資(BRICs、新興国) 目次

HSBC 新BRICsオープン

HSBC インドオープン



▲ ページ上部へ   

|投資信託 de 資産運用 HOME|



[ 免責事項 ]
当サイトの提供する情報等を利用しての、いかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。


Copyright(C)   2007 -  こじか All Rights Reserved.
Since 2007/01/06

こじか運営情報サイト一覧
家計簿から始める、収入・支出改造計画FPが教える、金融系資格を取ろう!マイホームとお金のすべて
モデルルームの正しい歩き方生命保険見直し入門外為(FX)で始める、収入・資産倍増計画無料FP相談 家計
OMCカード使いこなし隊(株式投資)証券口座徹底比較(外為投資)FX取引口座徹底比較投資信託 de 資産運用 |