ETFを実際に買ってみた

実際にETFを購入した体験レポート。購入したいと分からない情報を掲載中

ETFを実際に買ってみた

■ETFを実際に買ってみた コンテンツ
ETFを買ってみようと思ったきっかけ | マネックス証券で携帯取引 | 残高照会で保有ETFを確認 | 運用状況を確認しよう | ETF向けオススメネット証券 |


投信コンテンツ 投資信託購入ガイド ETF(上場投資信託) 確定拠出年金ガイド
こじかの投資論 投資運用成績 ファンドセレクション リンク集


ETFを買ってみようと思ったきっかけ


管理人こじかはどちらかというと、ETFより投資信託派です。
理由はいろいろありますが、

 ・積立投資ができない!
 ・最低購入単価が投資信託より高い!(購入に約10万円必要)
 ・分散投資としてはさびしい。(世界各地を投資対象とするETFがない)

こんなイメージで、コストが安くても使い勝手が悪かったなぁ〜なんて思っていました。
ですが、2010年2月24日にこれは!と思うETFが出てきたんですねー。


それが、『1681:上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)
      運用会社:日興アセットマネジメント  です。

しかも、売買口数が10口で、取引値が約1,000円程度ということで、
最低購入金額が、約1,000円×10口=約10,000円と、投資信託並みに!


コストが良くて、使い勝手も良くなったら買わない理由もないし、
今後なんとなく盛り上がってきそうな気がしたので、勉強のつもりで買ってみることにしました。
 ※2010年3月19日には、14種類の商品ETFが新規上場 > ETFスクエア





マネックス証券で携帯取引


ETF取引で選んだのはマネックス証券
携帯取引では手数料も安く、投資信託の購入で既に使っていたので、ここを選びました!


携帯電話で取引するときは、
 「株式取引」 > 「現物買い注文」 を選択して、
そこで、「銘柄コード:1681」、「数量:10」、「価格:成行」を指定して、注文するだけ!
とっても簡単です。
 ※画像を掲載しようと思ったんですが、ちょっと見づらかったのでパスしましたー。


ここで、ちょっとばかりコツを。

携帯で銘柄検索は面倒です・・・。 銘柄コードはあらかじめメモっておいた方がいいですね。
管理人こじかはETFを購入するときは「成行」にしています。
短期売買するつもりもないし、指値でいろいろ考えるのはちょっと違うかなと思うので。

また、携帯で注文ができるETFは投資信託より優れてると思ってしまいました。



残高照会で保有ETFを確認


こちらは、取引履歴画面です。


3月4日の上場MSエマがETFですね。
3月8日のSTAM新興国株式インデックスは上場MSエマと同じ運用方針の投資信託です。

上場MSエマを買ったときに掛かった費用(受渡金額)は
 1,090円(単価)×10口(数量)+105円(手数料)=11,005円(受渡金額)
ということが分かりますね。


次に購入したETFを残高照会で今の損益を確認してみましょう!


ETFは上場投資信託と「投資信託」なんですが、マネックス証券では「株式」欄に表示されます。
ま、いっか。

数字の意味分かりますか?解読して分かると投資って面白いですよ!

平均取得単価」は手数料込みで考えたら、いくらで買ったことになるのかです。
手数料を考えないなら、10,900円で10口買ったということなので、1口あたり1,090円ですね。
でも、今回は手数料が掛かっているので
11,005円で10口買ったことなり、1口あたり1,105.5円で切り上げて1,101円。
これが平均購入単価の考え方です。

評価損益」これは、今の儲けですね。
 売った値段 − 買った値段 = 評価損益 です。
 11,640円(1,164円×10口) − 11,010円(1,101円×10口) = 630円

ちなみに、実際に解約したら630円手に入るって訳ではありません。
解約時の手数料や儲かっていたら税金がかかってきます。 そこらへんも頭に入れておきましょう!



運用状況を確認しよう!


ETFを購入すると気になるのが、運用状況ですね。
今後どうなっていくんだろう?

投資信託だと、運用報告書や月次レポート、週次レポート、ぶっとい目論見書など運用状況を確認する資料が沢山ありますが、ETFにはそれがありません。。。
ま、インデックス運用なので別にいいのかもしれませんが。

ETFは、運用会社の決算短信で運用状況を把握することができます。

運用状況といった観点からは投資信託の方が良いですね!
 その分、高いコストになっているのでしょうけど・・・。



日本ではまだまだ認知度の低いETF(上場投資信託)ですが、そんなに難しい商品ではありません。
投資信託と同じようなイメージで、長期分散投資を実施するツールとして活用しましょう!



ETF向けオススメ ネット証券

   ETFの売買手数料が一番安い(携帯取引で105円〜)。
  

■ETF(上場投資信託) 特集 目次

ETF(上場投資信託)とは?

ETFと投資信託の取引比較

ETFと投資信託のコスト比較

ETFを買えるネット証券会社

ETFを実際に買ってみた

海外ETFとは?



▲ ETFを実際に買ってみた TOP



|投資信託 de 資産運用 HOME|



[ 免責事項 ]
当サイトの提供する情報等を利用しての、いかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。
Copyright(C)   2004-2010  投資信託 de 資産運用 All Rights Reserved.



こじか運営情報サイト一覧
| 家計簿公開 | レーシック体験談 | 覆面調査 収入 | 無料FP相談 家計 | アフィリエイト 収入 |
|金融資格 | AFP | CFP | FP技能士 | 証券外務員 | DCプランナー | 簿記 | モデルルーム |
|FX(外国為替証拠金取引) | 外為どっとコム レビュー | 投資信託 | ETF(上場投資信託) | 確定拠出年金 |